子供の学力によって塾を選ぶことが大切です

先生と生徒

教養として身に付ける

勉強道具

大学には学部や学科が幅広く存在しています。その中でも人気な学部でもある文学部では、歴史や言語、社会についての勉強をするのです。文学部のイメージとしては、たくさん本を読んで書籍の研究をしていると思う人も多いですが、本を読むことだけではありません。文学部の特徴としては、文学だけを学ぶのではなく、文学に関わること全般を学ぶのです。そのため、哲学や心理学といった文化の知識を身に付けることも可能になります。
文学部で学べるものは思想系や歴史系が多く、その他には言語や行動といったものです。思想系なら、哲学や倫理を中心に学びますが、宗教なども学んでいきます。歴史系なら考古学や美術関連のことを学び、歴史上の人物や歴史の深い所までを探求していくのです。言語系の場合は、日本以外の文学に触れ、翻訳を行ったり各国の本を読んだりといったことをします。とことん文学について学ぶことから、本が好きで文学について知識を身に付けたい人が来る所でもあるのです。このように、文学部では文学のことはもちろんですが、1つの教養としてさまざまな視点から捉えたものを身に付けていきます。大学ではコースや学科が分かれていることから、好きな分野をじっくりと学べるのです。他の学科や学部とは異なって、就職活動や社会へ出たときの即戦力になることはあまりありませんが、教養として知識を身に付けられます。大学では時間をかけて知識を深めることが可能です。自分の知識の幅を広げたい人にとっても、文学部のある大学へ行くのも良いでしょう。